漢字の「原」と和語の「はら」

諸橋轍次『大漢和辞典』で「原」といふ字を調べてみると、
十六種類の意味があることがわかる。

(一)みなもと。厡・源に同じ。古は𠫐に作る。
(二)もと。
(三)もとづく。もとづける。
(四)たづねる。根本を推求する。
(五)ふたたびする。かさねる。
(六)のぞく(除く)
(七)ゆるす(宥す)
(八)はら (高く平らな地)に通ず
(九)耕作地
(十)つつしむ、すなほ。愿に通ず。
(11) 虫の名。螈に通ず。
(12) 羊の一種。羱に通ず。
(13) 文体の一。本原をたづねて推論する文。
(14) 古は 厡・邍・愿 に作る。
(15) 地名。今の河南省済源県の西北。
(16) 姓、原氏。


地形に関するものとしては、(1)みなもと、(8)高く平らな台地、(9)耕作地の三つがある。この大辞典には「広い土地」といった解説はない。『漢字源』では(原が)「広い野原を意味するのは、原隰 げんしゅう(泉の出る地)の意から」とあり、それを考慮すると、〈崖の水源→崖下の湿地→崖上の台地〉と意味が広がっていったと推定できる。耕作地については、湿地と台地の両方にできる。さうした推論が可能なのは、3000年以上の長い漢字の歴史があるからであらう。

さて和語についてであるが、日本では1400〜1500年前頃からやうやく文字を使ひ始め、そのころは既にハラから派生した語彙はたくさん揃ってゐた。

『古典基礎語辞典』(大野晋)などで、「遥か」や「晴る」などの語と同源語だとして、目の前に広がる広い土地といふ意味が、原の原義だとするのは、残念ながら、後世的な見方や後世のロマンチシズムが加はってゐると思ふ。(同辞典で、原の2つめの意味として葬地を載せるのは良いが、葬地が遥かな場所にあるからではなく、「境界」にあたる聖なる場所だからであらう)

ハラの同源語としては、最も近いのは、擬態語などのパラリと剥げるのパラである可能性がある。
ハラヘ(祓)については、古事記でいふ「祓つ物」とは、須佐之男命が指から剥がした爪だった。蛇の脱皮も同様であるが、土地も風雨や大水で削れたり剥がれたりして崖ができ、聖なる場所となって湧き水も出る。これは漢字「原」の原義に酷似した地形である。伊邪那岐命が禊ぎをした阿波岐原もそんな場所だったらう。
「祓へ」に似たものとして「禊ぎ」があり、ミソギの原義は身を削ぐことだとすれば、祓へにも類似した構造の原義があるとしても不思議はないのである。

また、水や雨が落ちるときの擬態語ないし擬音語は「ぱらぱら、はらはら」である。
 水神の森の下露はらはらと秋をもまたぬ落ち栗のおと  蜀山人

人や動物の皮膚を深く傷めると血が流れ出る。大地もまた表面を深く掘ると水が流れ出る。その水がいかに貴いものであったか、それが始まりだらう。

後半のところは、あとあと論を深めていかなければならない。

comments (0) | - | 編集

120年前のタイムマシン

正月のテレビ番組も面白いものがないので、昔テレビでみた映画『タイムマシン』のDVDを中古で入手して見た。H・G・ウェルズの小説が原作の1960年のアメリカ映画。
物語の舞台は19世紀末のイギリスで、1899年大晦日から1900年1月5日までの話。今からぴったり120年前になる。
昔みたのは40年ほど前なので、青春ドラマとして解釈したようである。青年科学者は夢を見たのかもしれないし、しかし未来から持ち帰った花一輪だけが真実を語る、といったふうな記憶だった。今回見たら、青年科学者は、再び未来へ旅立って行った。最終場面の記憶が消えていたのは、その直前で物語は完結していると解釈したためかもしれない。当時この映画についての批評的な短文を書いた記憶があるので、文章で粗筋をまとめるときに記憶の微妙な変形があったのかもしれない。

青年科学者は、帝国主義と戦争に明け暮れる19世紀が嫌いだといい、未来へ飛び立った。学者仲間たちとの「時間」についての議論する場面もある。議論じたいは難しい内容ではないが、映画を見る側に多少の哲学的素養ないし人生経験などがあれば、その思考を刺激してくるのである。まして人生において老年となった身には、時間とは何かというテーマは、非常に重いものとして受けとめざるをえない。ジャスト120年後といい、良いタイミングで見ることができた。

さて、タイムスリップの物語といえば、手塚治虫の『ワンダースリー』というマンガを思い出す。そこでは地球に来た3人の宇宙人が、2度変身する。1度めは動物に、2度めは地球人に変身する。2度めのときは、命令に逆らった罪により、罰として変身させられるのである。3人が記憶を消され、死後の転生のように別の個体の生命を生きるときに、時間がスリップして、かつて動物に変身して生きた時代……全ての登場人物と同時代を再び生きることになる。記憶は消されているのだが、「前生の記憶」が蘇る瞬間があることを示唆して、物語は終る。
「前生の記憶」が蘇るのは、1度の瞬間だけではないかもしれないと思って、すぐに再読することになる。再読して、あの場面とこの場面は「前生の記憶」によるものではないかと想像したり、なぜ気づかないのだろうとハラハラしてみたり、何度も再読した作品になった。今、老年になって思うことは、「ワンダースリー」のように、ああやって動物などに転生して前生の記憶は消されても死後の世界で懐かしい人たちと同じ時代を生きられたら、それ以上の幸福はないのではないかということ。

蛇足 SFの約束事として書く必要はないのだらうが、タイムマシンの物語は、一種の天動説に基づいているので、それを思うと虚しくなることがある。天動説というのは、80万年後に移動しても、地球の表面の同じ場所から動くことがないという意味である。実際は地球の表面さえプレート移動で年3cm動くとすれば、80万年後は24kmほど移動しているはずである。地球自体も太陽に対して公転し、太陽も、銀河系も常に動いている……ということを考えてしまう。

comments (0) | - | 編集

これまでの記事

これまでの記事をふりかえる。
☆印=優良記事につき推敲済み。但し一部のみ開始、今後に追記更新予定。

(0)  荒川扇状地と湧水

(0)  幡羅(原)という地名

(0)  渋沢、藤原(地名の話)

(0)  幡羅郷の湧水群

(0)  『大里郡神社誌』における湧き水の記録

(0)  原という地形について

(0)  『聞きがたり農村史』

(0)  ハラとヒラ(地名雑記)

(0)  沖縄の地名「ハンヂャ」

(0)☆ 段丘地形と地名

(0)  みかの原 わきて流るる

(0)  子負(こふ)の原

(0)  別府沼

(0)☆ 大井の泉

(1)  日本煉瓦製造工場と小山橋

(1)  武蔵国幡羅郡の範囲と人口

(1)  『北武蔵の地域形成―水と地形が織りなす歴史像―』という本

(1)  村の面積の測り方

(1)  『百姓の一筆』を読んで

(1)  蝦夷と東国の話

(1)  郷土史のために(関東の村の場合)

(1)  幡羅郡の範囲

(2)  郡境の話 その1

(2)  地方の枕詞

(4)  出土品 寛永通宝

(5)  屋敷内の墓地

(5)  氏神(屋敷神)について

(5)  旧暦歳時記 1

(5)  旧暦歳時記 2

(6)  東と西、上戸と下戸

(6)  東と西、国有林の分布

(6)  長頭と短頭

(8)  江戸時代の農民の家計簿

(8)  天神講の紙の旗

(8)  村の職業

(8)  子供の手習

(8)  村の費用で賄う行事

(8)  市川市月の桃太郎と猿・犬・雉

(8)  江戸時代の一日の労働時間

comments (0) | - | 編集

江戸時代の一日の労働時間

1日に8時間の労働は、(私事だが)大変だと感じるようになった。おそらく年齢のせいだらう。
1時間毎に1時間の休憩や読書時間などを混じへて、休憩込み15時間のほうが、まだ楽だと思ふ。
しかし昔は(江戸時代などは)、日本人の労働時間は、それほど長くはなかったのではないだらうか。
身のまはりで早死にする人たちを見るにつけ、働き過ぎの蓄積が原因のように思へてならない。
日本人の労働効率は、世界的に見ても、低いほうなのだそうだ。明治以来、追ひつき追ひ越せで経済はそこそこ成功したといっても、それは労働効率が良かったからではないらしい。となると、江戸時代と違って、単に労働時間を長くしただけのことになる。

江戸時代の人々は実際にどのくらゐ働いたのだらうか。。
江戸城に日勤する武士たちの勤務時間は、小川恭二氏によると、老中などの要職にある者は、朝10時から午後2時くらゐまでで、他は朝が8時と早めになってそのぶん長い(『江戸の暮らし122話』つくばね舎)。つまり1日4〜6時間といったところ。城内警衛の番方などは、24時間を3交替制だが、3〜5日に一度の勤務だったといふ。平均すると、4日で8時間(1日2時間)の計算だが、天候に関らずのきつい仕事なのであらう。
阿波国では、大名おかかへの能楽師たちは、1年勤務すると次の1年は完全休暇だったと、浮世絵の写楽研究家が明らかにした(*)。大名は2つの能楽チームを雇ってゐたのだらう。江戸では北町奉行所と南町奉行所は交互に月交替で勤務したといふ。指南番がゐるところへもう一人指南番を雇ふといふ落語の話も、十分ありうる話だ。
(* 内田千鶴子氏によると、1年間の休暇中に能楽師斎藤十郎兵衛は写楽として絵を描き残したらしい。)

商店では、明るいうちに閉めて、明るいうちに湯屋に行って、明るいうちに夕飯を食べたほうがうまいに決まってゐる。芝居も明るいうちにしかやってないので、見に行く時間がときどきは欲しいはずだ。

農家も概ね同様だと思ふ。農繁期といふのがあるが、天候よって休まなければならない日も多いわけで、トータルではそんなに長時間労働にはならないのではなからうか。
芳賀登氏は、天保のころの下野国、弘化のころの上野国の農村の史料から、年60日以上は休み日があったらうとする(『江戸期の社会実相一〇〇話』つくばね舎)。休み日とは、盆や正月、神仏に関る日を含めてである。
ただし、これらは日数のことであり、時間のことではない。また、祭礼の前には、上演する芸能のための稽古で、たくさんの日数を要するものである。労働が終ったあとでもできるが、やはり明るいうちに稽古すべきだらう。
休みといっても、神仏の用以外では、男なら薪を調達したり、家屋の修繕などの家事がある。家屋は、骨組は専門の大工に頼むが、他は自分で少しづつ作るものだった。これらも労働のうちだと見る向きもあるかもしれないが、ほどほどの量の仕事なら、農業専業の単一労働ばかりに対してリフレッシュの効果があるだらう。半分遊びのような仕事を混じへるのが良いのではないか。

江戸時代の伊勢参りの道中記を見ると、宿に到着した時刻が書かれてゐることがあり、八ツ時が多い。八ツとは「おやつ」の時刻のことで、午後2時ごろのことである。宿は予め予約してあるわけではなく、宿では、客が到着してから夕飯のために魚屋や八百屋に買出しに出るのだらう。夕食の料理はやはり明るいうちに食べたであらう。
午後2時までといふのは、前述の江戸城の武士も同様だった。農家の労働も、同様だったと考へるのが自然である。

余談だが、大正から昭和のころの茨城県の農家の話では、親の道楽で屋敷地(宅地)以外の田畑は全て人手に渡ってゐたが、夫婦で一生懸命働いて20年で田畑を買ひ戻したといふ話がある(『聞きがたり農村史1』御茶の水書房)。20年のうちには何人かの子供も育て、そうやって、この夫婦は毎日8時間以上は働いたことは確実である。
買ひ戻した土地の値段は、1反で普通の1人分の年収ほどだらうから、1町歩を買ひ戻したとすれば、普通の人の10年分の年収にあたる貯金を、夫婦は20年で貯めたわけである。よく働けば、そのくらいは可能だらうが、からだが丈夫でないといけない。

蛇足。貧しい農民は、朝から晩まで働きづくめで、それでも収入はごく僅かだった、などという固定イメージを抱く人もあるかもしれないが、そんなに長時間働くためには、広大な田畑を所有してゐなければ不可能である。小作ならありうるといふ理屈もあるが、一つの村でそんなに多くの貧農たちのための多くの田畑は存在しないことは調べればわかることである。農業の労働時間は、耕作する田畑の面積に比例する。

comments (0) | - | 編集

大井の泉

『大井の泉』と題するエッセイ(丸谷才一『遊び時間2』に収録)で、岡野弘彦著『折口信夫の晩年』といふ本のことが語られてゐる。


「折口が死んでからの叙述が際立って立派である。殊に、玄関の神棚に祀ってあった男女の河童像の魂を抜いて、霊を放つくだりは、まことに美しい鎮魂の文章となってゐる」(丸谷氏)

と書かれ、岡野氏の著作からの引用が13行ほどある。
引用部に書かれてゐることは、品川区大井出石の折口宅裏から品川の海へ続く地下水脈があり、途中3ヶ所から泉となって湧き出してゐるところがあり、一続きの水脈なのだらう、3ヵ所のうちの最も上流である折口宅裏の泉へ、器に入った水を運び、水を泉へ注いで流したことが書かれ、美しく表現された文章であるとエッセイで評されてゐる。

速読のせいか、この引用文と前文とのつながりが、少しわかりにくかったのだが、『折口信夫の晩年』を確認してみると、「器の水」は、河童像の前に置いて念じて、河童像の魂を水へ遷したものだった。その水は泉に注がれ、地下水脈を通ってやがて魂は海へ至るのであらう。

海へ至るのは、神として祀られ、主人の死によってその役割を終へた河童像の霊なのだが、河童像を祀ってゐた主人の霊の一部分も、海へと至るのであろうか。

太古からの泉について考へるとき、生活用水としての有り難さといふ視点からだけではなく、別の視点、異界への信仰に関るものであったりするので、そのことを思ひ出せるようにしておかうと思ふ。

comments (0) | - | 編集

出土品 寛永通宝

寛永通宝
我が家の庭からの出土品である。
最初は、錆びやゴミ詰まりの状態のため、自然光や照明の下では、文字は全く判読不明だった。照明をさまざまな角度で当ててみたが、全くわからなかった。

パソコン用のイメージスキャナで、書類の紙のようにスキャナしてみると、間違いなく「寛永通寶」と読める。
これには驚きだった。

画像を良く見ると、下から光が当って、凸部のすぐ上に陰ができている。
スキャナは強い光を当てながら、レンズを通して撮影する(「読み取る」ともいう)仕組みだが、上から下へ向かってゆっくり取り込んでゆき、光が下、撮影レンズが上なので、上に陰ができるのだろう。
乱反射がほとんどないので、陰ははっきりと出るのだろう。

スキャナには、こういう使い方もあることがわかった。
この方法を応用できるものは、あるだろうか。

comments (0) | - | 編集

市川市月の桃太郎と猿・犬・雉

幕末に武蔵国幡羅郡江原村(現深谷市江原)に生れた俳人、市川市月は、絵も描き、気の利いた物語なども書きそえた軸物が多数あり、その洒落心などが、地元では愛好されている。

昔話の桃太郎を描いた軸物では、猿、犬、雉の三匹の意味について、次のように書く。

三疋の禽獣は 悪はさる 魔はいぬ 災はきじと云の謎
心の鬼の亡る時は万の宝も掌の内にとり込し肆(いちぐら)に栄ん事疑ひなし

悪は去る(猿)、魔は往ぬ(犬)、災は来じ(雉)という謎かけだというのだが、
「来(き)じ」とは方言的な言い方である。「来(こ)ない」というべきところを関東地方では「きない」というが、そのいわば文語表現が「来(こ)じ」でなく「きじ」というわけである。したがってこの「きじ」と雉をかけるという発想は、そうした方言を使う地域の人でなければ思い付かない。市川氏本人が考えた洒落なのだろう。

肆(いちぐら)とは、市座のことで、市で商品を並べ置く所の意味らしいが、「栄ん事疑ひなし」というわけで、蔵の中の財宝も増えてゆくという、まことに縁起の良い話である。縁起の良い文や絵なので、この地方の人は、これを床の間に掛けて飾ることを好んだのだろう。
「いちぐら」の「いち」は市川氏の市でもあり、市川市月は地方で句会があれば主催者や賛同者として必ず名を連ねた人だった。
市川市月 桃太郎



話変って「猿」をふくんだ謎解きをもう一題。
ぬえ(鵺)という伝説上の怪獣があり、尾は蛇、手足は虎、頭は猿で、蛇(巳)・寅・申で「みとらざる」ともいう。親の死に際を看取ることができないという意味であり、家族に巳年生れ・寅年生れ・申年生れの三人が揃うと親の死に目に会えないという俗説になっている。
(ちなみに、鵺は、胴は狸で、声は虎鶫(とらつぐみ)に似ているらしい)

鵺を退治したといえば源頼政だが、もし平安時代の京都で「みとらざる」という言い方が成立していたとすれば(可能性は低いかもしれないが)、誰にも看取られずに死んだ者たちが化けて出たのが鵺なのではなかろうか。都では、行き倒れの多かった時代であったし、官人たちも親の臨終の場にいると死穢のために1年間は出仕できずに出世に遅れることになるので、人の死に目に遭うことを避けた時代である。

comments (0) | - | 編集

別府沼

貴重な写真。
熊谷市西別府の別府沼。台地の北の縁の下がったところに道路があり、さらにその下に細長い沼がある。道路から西北西をのぞむ。沼の奥が湯殿神社。神社の先が後に発見される幡羅郡郡家跡である。昭和40年(1965)ころの写真で、豊かな水を湛えていた。
別府沼

沼の岸の道で遊ぶ子供たち(同上年ころ)
別府沼の岸

別府沼に群れる白鷺(昭和50年代頃か)
別府沼の白鷺

comments (0) | - | 編集

地方の枕詞

枕詞とは、和歌の修辞法の一つであるが、「久方の 光」「烏羽玉(うばたま)の 黒髪」などというのもある。
その起源は上代以前のもので、地名を述べる前につけたのが始まりだろうとされる。「八雲立つ 出雲」「空みつ 大和」「衣手 常陸」など、それぞれの意味の詳細は諸説があるが、おおむね、土地や土地の神を称え鎮める、国褒めや鎮魂のための詞だったようだ。記紀万葉や風土記などでよく見られるが、風土記では常陸国や出雲国など一部しか伝わっていないのは残念である。

中世以後の文献で枕詞が多用されているものに、『倭姫命世記』がある。伊勢の皇大神宮の遷座・遷幸の経緯が書かれ、各地の地名に枕詞が冠せられている。神の鎮まる土地を賞讚する目的であるのだろう。著者は、伊勢の神宮の神官らしい。
その後は、枕詞は、歌人たちではなく、神官たちに好まれたといえるかもしれない。
さまざまな枕詞を収集するとしたら、地方の神官たちの書き残したものなどを当ると良いのかもしれない。

その一例として、明治11年の、旧武蔵国幡羅郡原之郷村の楡山神社の氏子が、伊勢参りと西国の旅に出るときの御朱印帳があり、同社祀官の書いた序文の中に、枕詞らしきものが、4ページで11例ほどある。そのうちの地名については3例。

かすみひく原之郷
 源氏物語で山の麓の高台の地を原と呼ぶ例があるらしく、山の麓近くなら霞棚引くということもあるだろうから、そこからきた修辞であろうか。実際の原之郷は、大きな扇状地の端の段丘のあるところである。

神風の伊勢
 これは、よく知られた枕詞である。

いづ鉾の讃岐
 普通は「玉藻よし讃岐」ということが多い。「いづ鉾の」の意味は不明。

comments (0) | - | 編集

幡羅郡の範囲

musashi.jpg

奈良時代から平安初期の武蔵国で、最も人口密度が高かったのは、どの地域であろうか。
図は、武蔵国の21の郡を表し、各郡内の「郷」の数を数字で書入れたものである。
郷の数は、平安初期の和名抄によるもので。一つの郷は50戸程度から成るというのが定説なので、郷の数が多ければ、人口も多いことが想定される。
元の図は、府中市関連のサイトから拝借したものだが、これは明治初期の郡域の地図ではないかと思う。他には、昭和の市町村図から作成したものが多いようで(秩父郡が狭くなっているのでわかる)、それらよりは古いという理由で、参考にすることにした。

図で見ると、面積に比較して郷の数が多いのは、幡羅郡、次が那珂郡であろう。人口密度も同様になるはずである。幡羅郡は南北に利根川と荒川の河川流域を含むので、それを除けば面積は更に狭く、人口密度は更に高くなる。
人口密度が高いということは、都市のようでもあったことになるが、幡羅郡がそれに該当するかといえば、肯定的な材料はない。したがって、平安時代初期以前の幡羅郡は、この図より面積が広く、郷の分布もまばらだったとされなければならない。このことは、幡羅郡に大都市の存在が発見されない限り、動かし難い。

そうしたこともあり、吉田東伍の地名辞書では、幡羅郡の範囲を、後の埼玉郡や榛沢郡の領域の一部を含んだとしている。幡羅郡の8郷のうち、上秦郷と下秦郷は、後の埼玉郡域とし、この2つの郷は、ハタ郷という1つの郷から、再編されたものであろう。ハタ郷の郷名は、他の郡にも見られる名で、大和国高市郡波多郷(竹内宿禰後裔氏族の波多氏の本拠地)を始め多数あり、どの地でも2文字の漢字で表記したと考えて差支えないだろう。幡羅郡でも、字は不明だが波多、幡多などの2字で表記したはずである。
また、吉田東伍は、8郷のうち幡羅郷と霜見郷を、後世の幡羅郡から榛沢郡にかかるものとしている。幡羅郷の西は氾濫川の唐沢川までだろうから戸数の影響は少なかろう。霜見郷については、今回は触れない。
図で示した近世の郡域の範囲には、8郷ではなく、いわば2郷半を除いた5郷半くらいが、平安初期には存在したものと思われる。この数なら、極端に人口過密ということにはならないだろうが、それでも郡内にはまだ湿地帯などもあり、人口密度は高いほうだといえる。幡羅郡は、荒川の扇状地が幾重にも重なった地で、水源が抱負だったことから、古くから人口が多かったとしても不思議はない。
幡羅郡の東部が埼玉郡に編入されたのは、中世の成田氏の影響だろうと吉田東伍はいう。成田氏は「幡羅の大殿」とも呼ばれ、本拠地はハタ郷であったので、それにつられて幡羅をハタラと読むようになったのだろうともいう。
郡の西部については、深谷城や深谷宿の影響で榛沢郡となったところがあったのだろう。
8郷は平安時代初期の郷の数であって、奈良時代以前はわからない。

comments (0) | - | 編集