楡影譚

幡羅郷土史ブログ

武蔵国幡羅郡の範囲と人口

武蔵国幡羅郡の奈良平安時代の人口を推定してみよう。

参考 wikipedia 近代以前の日本の人口統計
ここに記載の鬼頭宏氏による武蔵国の人口から、和名抄の郷数割(6.7%、8/119)で計算すると、
 奈良時代 武蔵国:130,700人 幡羅郡:8750人余
 900年ごろ武蔵国:257,900人 幡羅郡:17200人余。

これは大変な数の人口である。

江戸時代の人口と比較してみよう。天保期の幡羅郡の範囲の戸数を調べて見ると、小村2村が不明だが、55村で3657戸。不明分を考慮しておよそ3700戸。1戸5人として、18500人となる。(このデータは新編埼玉県史付録の冊子をOCRして、配布目的でよく校正したつもりのもので、CSVエディタのマクロで計算した。)

既に平安初期に、江戸時代とあまり変らないといっていいほどの人口に達している(!?)。
江戸時代には原野はほぼ皆無のこの狭い(*)地域で、土地は開墾し尽くして、やっと18500人を養っている地域である。
平安初期に17200人とは、何かの間違いなのだろうか。

さらに当時は、南の大里郡との郡境に荒川が流れていたとされるので、郡境に広大な河原が広がっていたことを想定すると、幡羅郡の面積はさらに狭くなる。人口密度は江戸時代よりも大きかったともなりかねない。
幡羅郡は、古墳時代以前から人口密度の多い地域と思われるので(土着勢力が多いのだろう)、他の地域のように奈良時代から平安時代にかけて2倍には増えないという想定もできるが、わからない。
同じ鬼頭氏のデータで、1600年(江戸の町ができる前)ごろの武蔵国は708,500人。700年前からほぼ3倍に増えているのに、幡羅郡は700年前に人口頭打ちということになってしまう。
 900年ごろ武蔵国:257,900人 幡羅郡:17200人余。
 1600年頃 武蔵国:708,500人 幡羅郡:18500人(天保期)


やはり奈良平安時代の幡羅郡は、範囲を広げて考えなければ、話にならないことがわかる。

吉田東伍によれば、当時の幡羅郡は広範囲であり、
江戸時代の榛沢郡域である今の深谷市の旧深谷町、藤沢地区、武川地区を含め、
埼玉郡域である、今の熊谷市の中条地区、旧成田村、などを含めるべきとしている。妥当であろう。成田氏は「幡羅の大殿」と呼ばれている。この「幡羅」はハタラと読まれたろうと吉田東伍はいう。
もしも吉田東伍の時代に、鬼頭宏氏の方法があったならば、吉田東伍説への評価は違ったはずである。
郡域変更について想像できることは、東側では、埼玉の国造勢力の衰退に前後していくつかの郷(下秦上秦等)が郡を移動し、後世に成田氏の埼玉進出とともに元に復したのかもしれないとか、西側では、後世に児玉榛沢方面の武将が進出してその郡域を広げたかもしれない、ということもあるだろうか。

余談だが、これだけの人口密集地帯には、「渡来人」のための居住スペースを多く提供するのは難しいのではないだろうか。他に人口の少ない地域は数えきれぬほどあるであろう。
世界史的には十分中世の時代である。律令制は外国との交流や文化面等の面では評価できるが、政治的には台頭する地方(中世的世界)を押さえようとする反動という側面もあるのではないか。

※ * 江戸時代の幡羅郡の広さは、昭和30年に人口5万人ほど(深谷町2万、他3万)で成立したときの深谷市より2〜3割程度大きいだけの広さである。

comments (0) trackback (0) Edit

幡羅(原)という地名

幡羅という地名がある。
最も知られているのは、武蔵国幡羅郡(幡羅郷)に由来する地名かもしれない。昔の幡羅はハラと読んだが、今はハタラ、埼玉県幡羅郡は明治29年((1896)まで存在した。幡羅村は明治22年(1889)の町村制のときに始まる(昭和30年に深谷市に合併)。

幡羅と表記する地名は昔の和名抄に見られる郡郷名、そのうち郷名に4件ほど見られる。

「千年村プロジェクト」というサイトでリストを見ることができる。

武蔵国幡羅郡幡羅郷(埼玉県)
「現在の深谷市大字原郷一帯とする説(地名辞書)がある」は角川書店の本とほとんど同じ書き方だが、地名辞書は旧幡羅村・旧深谷町などとしている。
遠江国佐野郡幡羅郷(静岡県)
情報なし
掛川市の北西部、天竜浜名湖線に原田、原谷の駅名あり。原野谷川沿に、原谷小学校、原田小学校、原野谷中学校。原里という地名もある。谷間の細長い盆地。
讃岐国三木郡幡羅郷(香川県)
「牟礼町原が遺称地」とある。鉄道の原駅もある。その周辺であろう。海辺。
阿波国那賀郡幡羅郷(徳島県)
阿南市の那珂川下流(旧那珂川町)。那珂川の北説(西原など)と南説(原など)あり。川近くの平地
ほかに文字が違えば、「肥後 阿蘇郡波良郷(熊本県)」「肥後 託麻郡波良郷(熊本県)」などもある。幡羅の文字は都の人による用字法であろう。

ハラの意味は、これまでは、原、つまり平原だと言った程度のことしか説明されなかったと思う。地形としてもありきたりであり、説明も漠然としたものだった。
「〜原」といった複合語の地名で古そうなものを拾ってみると、藤原、松原など植物名を冠するものも少なくない。しかし滝原、清原、湯原など、さまざまである。

藤原については、折口信夫の有名な論考『水の女』に説明があったと思う。
山の岩場の水源地の渕で、禊ぎの介添えをする巫女の話である。
渕の転が藤であり、藤原氏出身の皇后が最高の巫女である由縁。

そのむかし最初にこれを読んだときは、「藤の原」なら藤の花の広がる広い平原という視覚的なイメージを想像できるが、「渕の原」ではぴんとこなかった。
しかし漢字の「原」には水源地の意味があるのである。

「【原】◆侈勝僂澆覆發函もと、岩の穴から水のわき出る泉。のち転じて、物事のもと・起源の意。〈同義語〉⇒源」(漢字源)
「《解字》 「厂(がけ)+泉(いずみ)」で、岩石の間のまるい穴から水がわく泉のこと。源の原字。水源であるから「もと」の意を派生する。広い野原を意味するのは、原隰ゲンシュウ(泉の出る地)の意から。」(同)

伊勢神宮の元の鎮座地である滝原宮(別宮)、万葉集にも見られる「湯原」、百人一首の歌人の名にある「清原」などの「原」は、「水のわき出る泉」と解さないと意味が解らない。「藤原」については、大きな川の水源地の地名で、いくつかあるようだ(※関連記事1参照)。ハラという大和言葉にも、漢字の原(源)と同様の意味があることに注意しなければならない。
大和言葉による語源解釈として、「まほら」などの言葉の意味を再確認していくことになるだろう。

また、前述の4つの地は、山の岩場などのある場所ではないが、扇状地であるという共通点があるようだ。湧水や泉のある場所であるという意味では、扇状地も山奥と同じである。
すなわち非常に単純なことが言える。
 原とは扇状地のことである、と。

むろん水源地一般の意味もある。
前述の掛川市の原野谷の名は、原と野と谷という3文字から成り、複雑な地形を連想させる。谷とは、両側から山に挟まれた土地。野とは、起伏のある土地をいうらしい。原とは、扇状地である。谷でありながら、川の左右に平らな土地が広がっているのは、扇状地のほかにはない。扇状地の上に扇状地が重なれば「野」という地形になることもあるだろう。
埼玉県では、最大の扇状地は秩父盆地のほかは、荒川が平野部に出たところであり、幡羅郡の地名があった。幡羅郡の中でも、幡羅郷は「崖」というべき地形のある場所である(※関連記事2参照)。
無論、すべての扇状地に原の地名がつくわけではないし、地名はさらに細かく区別され、多くの地名ができることではあろう。

これまで、われわれは日本の原郷(げんごう)を、山奥の水源地にばかり求めすぎたところもあるようだが、われわれの住む真下の、扇状地の端くれにもあったのである。

参考 折口信夫『水の女』青空文庫

※関連記事1 渋沢、藤原(地名の話)
※関連記事2 幡羅郷の湧水群

comments (0) trackback (0) Edit
1/1