『百姓の一筆』を読んで


現代教養文庫の一冊『百姓の一筆』(田中佳宏著)は、旧武蔵国幡羅郡エリア(埼玉県妻沼町)の人の本では、最も面白い本ではないかと思う。著者は、歌人でもあり、農業を営んでおられ、農業問題、食糧問題を考えさせられる本である。

1か月ほど前に読んで、いま目次をぱらぱらと見ると、
「ダイコンは工業では作れない」という見出しの章。これはつまり、農作物というのは、いくら合理化を進めても、米なら(普通は)年1回しか獲れない。田の面積あたりの収穫量も、格段の進歩があるわけではない。工業製品と同列に扱うことは論理の倒錯であるということで、そんな内容だったと思う。
「ミミズが生きていけない土」 これは、増産のための化学肥料や農薬が、土を変えてしまっているということらしい。増産しなければ、農家の暮らしも、食料を購入する他の国民の生活も現状では成り立たないのではあるが。
そのほかの見出しについては、短かすぎて内容を思い出せるものが少ないのが残念である。新聞連載のときの制約だったのかもしれない。

農業がどれだけ重要なことかを、政治家は理解できているのだろうか。
食料自給率の問題も、当時から大きな問題だった。

当時というのは本の執筆当時のことで、1985〜88年、日本人の多くがバブル経済に浮かれていた時代である。坪40万円の土地でダイコンを作っていたのは大都市圏のことだが、当時は、地方でも市街化区域なら坪20万円くらいだった。今は1/3以下に値下がりした。今後は更に値下がりするに違いない。市街化でなければ更に安い。
市街化以前は、坪1万円で1反300万円、これは江戸時代に1反10両だった例もあるので、10両=300万円とすれば、江戸時代から大きな変動がなかったといえる。しかし農業をやめて田畑を手放す人が増えた今は、1反50万円、坪で2000円以下になっているらしい。そんなに安いのなら家庭菜園のために買おうかと思う人もあるだろうが、農家でなければ買えない。おそらく今は外国企業が食指を伸ばしているに違いない。

食料は、欧米先進国では戦略物資の一つとしてとらえているようだ。
明治以来、追いつけ追い越せで効率優先でやって来た日本だが、真似たのは上辺だけで、そうした考え方には及びもつかない。
かつての日本では米は貨幣に準じるものだった。今は、輸出産業のために、外貨の調整が必要なときに、農作物の輸入を増やすというのも、農作物を貨幣とみなしているわけで、昔と同じだといえなくもない。しかし昔の貨幣は金(きん)そのものだったが、今は投資や賭け事のチップのようなものになってしまっているようだ。

2018.10.31 水曜日 | comments (0) | - | 編集

『北武蔵の地域形成―水と地形が織りなす歴史像―』という本

『北武蔵の地域形成』--水と地形が織なす歴史像--
地方史研究評議会編 雄山閣 2015 \6800

偶然にBook_Offという店で(格安で)入手。
北武蔵、主として熊谷市と行田市の範囲、その周辺の少しを扱っている。3部構成、13編の論文。
いくつか読んで見た。

荒川利根川と地域拠点
「古代河川交通と森林開発」
律令制下の時代、郡家の建物にヒノキが多数使われるが、自生のヒノキは標高500メートル以上の山地にしか見られないことから、用材は運搬されたものだろうという話。
榛沢郡家跡から、運河らしき堀の跡が発見されている。用材は秩父北部の山地から、身馴川(小山川)を下って、どこかで運河へ入り、榛沢郡家まで運ばれたであろうと。
「藤原宮・泉官衙遺跡・徳丹城などで、建設資材搬入用と考えられる運河が発見されている」(25p)とかで、まっすぐ直線的に造られた運河も多いらしい。藤原宮の運河といえば、2008年に新聞記事について書いたことがある。→ 藤原宮の運河
榛沢郡以外の郡家、幡羅郡などでも、同様の方法で材木が運ばれたと推定するしかないが、その経路については、想定できるだけのじゅうぶんなデータがないのだろう。
ちなみに、近世の丈方川が、皿沼城の南から東方城の北まで、ほぼ一直線であるのは、築城時の資材運搬用に変造された可能性があるのではと、かねがね思っていたのだが。
また現代のように金さえ払えば材木は手に入ると思ったら大間違いで、厳格に地元ルールに従うのは当然として、樹霊をどう扱ったのかは、すぐにはわからないだろう。

湧き水と生産生業
「北武蔵野酒造業と関東上酒試造」
領域意識の形成と展開
「近世後期、熊谷地域における改革組合村」
下奈良村の名主吉田家の事業や公儀への協力を中心とした話。靴里Δ舛痢峅革組合村」を先に読んだら、豪農吉田家の収入源について、織物の売買や金貸業などしか書かれず、不審に思ったが、兇里曚Δ鯑匹爐函大規模な酒造や酒販売を営んでいたようである。
幡羅郡では、今の深谷市の範囲では畑作地帯が多いのだが、熊谷市方面となると、広大な田園地帯が広がり、石高1500石以上の大きな村々が多数隣り合って連続し、多数の豪農たちがあったろうことが想像される。しかしこの地域は、石高に比較して鎮守社が小規模である村が目だつのは、何か事情があるのだろうか。
また、豪農というより、既に近代的な産業経営の時代になっているようなので、近代であるなら福祉方面の取組みへの照射が必須だろう。

兇里覆で
「近世荒川扇状地の河川と湧水について --忍領の事例を中心に--」
「河川」については、今の熊谷市の荒川北岸一帯(荒川新扇状地)には、放射状に小河川(星川など)が多くあり、荒川が幾度も流れを変えてきた名残川であろうという話。後世の成田用水などは、古い名残川の跡を利用している部分が多くあるそうだ。
ちなみに、荒川旧扇状地とは、三尻、別府、幡羅、あるいは榛沢郡など、低地との高低差がはっきり確認できる場所がある地帯をいうようだ。幡羅(原)とは高低差のある地形に由来する名称であろう。榛沢郡では「岡」と言ったようだ。
「湧水」については、江戸時代の文献からピックアップした一覧表が掲載されている。深谷市は原郷の一例が載り、全21例のリストは少ないかもしれないが、対象の文献は新編埼玉県史や新編武蔵風土記稿など活字化されたものが主であり、村々の文書には未着手のためなのだろう。
村人たちによる湧水の管理方法についての研究も書かれる。
近世文書における湧水を意味する語は、多数あるとのことで、たとえば
  「出水、湧水出水、湧出水、湧出する水、湧水、出泉、清泉、清水」(同書)。
 せんだって「大里郡神社誌」を調べたときは、「出水」は探さなかったが、今見たら用例はなかった。調べたときは電子データがあるので、「湧」の1字を丹念に探したり、「池」「沼」「泉」などを見つけては前後を読み入った。記事にはしなかったが、小字名にそれらしいものがいくつかあり、某末社の「清水神社」なども気になる。ともあれ、水の湧く場所は聖地と見なされ、神域となっていったところは多い。
この「河川と湧水について」の論は、当ブログと関心領域が重なり、興味深いので、あとで再読してみよう。

2018.08.09 木曜日 | comments (0) | - | 編集

武蔵国幡羅郡の範囲と人口

武蔵国幡羅郡の奈良平安時代の人口を推定してみよう。

参考 wikipedia 近代以前の日本の人口統計
ここに記載の鬼頭宏氏による武蔵国の人口から、和名抄の郷数割(6.7%、8/119)で計算すると、
 奈良時代 武蔵国:130,700人 幡羅郡:8750人余
 900年ごろ武蔵国:257,900人 幡羅郡:17200人余。

これは大変な数の人口である。

江戸時代の人口と比較してみよう。天保期の幡羅郡の範囲の戸数を調べて見ると、小村2村が不明だが、55村で3657戸。不明分を考慮しておよそ3700戸。1戸5人として、18500人となる。(このデータは新編埼玉県史付録の冊子をOCRして、配布目的でよく校正したつもりのもので、CSVエディタのマクロで計算した。)

既に平安初期に、江戸時代とあまり変らないといっていいほどの人口に達している(!?)。
江戸時代には原野はほぼ皆無のこの狭い(*)地域で、土地は開墾し尽くして、やっと18500人を養っている地域である。
平安初期に17200人とは、何かの間違いなのだろうか。

さらに当時は、南の大里郡との郡境に荒川が流れていたとされるので、郡境に広大な河原が広がっていたことを想定すると、幡羅郡の面積はさらに狭くなる。人口密度は江戸時代よりも大きかったともなりかねない。
幡羅郡は、古墳時代以前から人口密度の多い地域と思われるので(土着勢力が多いのだろう)、他の地域のように奈良時代から平安時代にかけて2倍には増えないという想定もできるが、わからない。
同じ鬼頭氏のデータで、1600年(江戸の町ができる前)ごろの武蔵国は708,500人。700年前からほぼ3倍に増えているのに、幡羅郡は700年前に人口頭打ちということになってしまう。
 900年ごろ武蔵国:257,900人 幡羅郡:17200人余。
 1600年頃 武蔵国:708,500人 幡羅郡:18500人(天保期)


やはり奈良平安時代の幡羅郡は、範囲を広げて考えなければ、話にならないことがわかる。

吉田東伍によれば、当時の幡羅郡は広範囲であり、
江戸時代の榛沢郡域である今の深谷市の旧深谷町、藤沢地区、武川地区を含め、
埼玉郡域である、今の熊谷市の中条地区、旧成田村、などを含めるべきとしている。妥当であろう。成田村に館を構えた成田氏は「幡羅の大殿」と呼ばれている。この「幡羅」はハタラと読まれたろうと吉田東伍はいう。
近世の郡域では平安時代の人口が多すぎることを、既に氏は認識していたと思われる。
郡域変更について想像できることは、幡羅郡の東側では、埼玉の国造勢力の衰退に前後していくつかの郷(下秦上秦等)が郡を移動し、後世に成田氏の埼玉進出とともに元に復したのかもしれないとか、西側では、後世に児玉榛沢方面の武将が進出してその郡域を広げたかもしれない、ということもあるだろうか。

余談だが、これだけの人口密集地帯には、「渡来人」のための居住スペースを多く提供するのは難しいのではないだろうか。他に人口の少ない地域は数えきれぬほどあるであろう。
世界史的には十分中世の時代である。律令制は外国との交流や田園開発などの文化面等の面では評価できるが、政治的には台頭する地方(中世的世界)を押さえようとする反動という側面もあるのではないか。

※ 江戸時代の幡羅郡の広さは、昭和30年に人口5万人ほど(深谷町2万、他3万)で成立したときの深谷市より2、3割程度大きいだけの広さである。

2018.07.05 木曜日 | comments (0) | - | 編集

幡羅(原)という地名

幡羅という地名がある。
最も知られているのは、武蔵国幡羅郡(幡羅郷)に由来する地名かもしれない。昔の幡羅はハラと読んだが、今はハタラ、埼玉県幡羅郡は明治29年((1896)まで存在した。幡羅村は明治22年(1889)の町村制のときに始まる(昭和30年に深谷市に合併)。

幡羅と表記する地名は昔の和名抄に見られる郡郷名、そのうち郷名に4件ほど見られる。

「千年村プロジェクト」というサイトでリストを見ることができる。
武蔵国幡羅郡幡羅郷(埼玉県)
「現在の深谷市大字原郷一帯とする説(地名辞書)がある」は角川書店の本とほとんど同じ書き方だが、地名辞書は旧幡羅村・旧深谷町などとしている。
遠江国佐野郡幡羅郷(静岡県)
情報なし
掛川市の北西部、天竜浜名湖線に原田、原谷の駅名あり。原野谷川沿に、原谷小学校、原田小学校、原野谷中学校。原里という地名もある。谷間の細長い盆地。
讃岐国三木郡幡羅郷(香川県)
「牟礼町原が遺称地」とある。鉄道の原駅もある。その周辺であろう。海辺。
阿波国那賀郡幡羅郷(徳島県)
阿南市の那珂川下流(旧那珂川町)。那珂川の北説(西原など)と南説(原など)あり。川近くの平地
ほかに文字が違えば、「肥後
阿蘇郡波良郷(熊本県)」「肥後
託麻郡波良郷(熊本県)」などもある。幡羅の文字は都の人による用字法であろう。

ハラの意味は、これまでは、原、つまり平原だと言った程度のことしか説明されなかったと思う。地形としてもありきたりであり、説明も漠然としたものだった。
「?原」といった複合語の地名で古そうなものを拾ってみると、藤原、松原など植物名を冠するものも少なくない。しかし滝原、清原、湯原など、さまざまである。

藤原については、折口信夫の有名な論考『水の女』に説明があったと思う。
山の岩場の水源地の渕で、禊ぎの介添えをする巫女の話である。
渕の転が藤であり、藤原氏出身の皇后が最高の巫女である由縁。

そのむかし最初にこれを読んだときは、「藤の原」なら藤の花の広がる広い平原という視覚的なイメージを想像できるが、「渕の原」ではぴんとこなかった。
しかし漢字の「原」には水源地の意味があるのである。

「【原】†{名}みなもと。もと、岩の穴から水のわき出る泉。のち転じて、物事のもと・起源の意。〈同義語〉⇒源」(漢字源)
「《解字》 「厂(がけ)+泉(いずみ)」で、岩石の間のまるい穴から水がわく泉のこと。源の原字。水源であるから「もと」の意を派生する。広い野原を意味するのは、原隰ゲンシュウ(泉の出る地)の意から。」(同)

伊勢神宮の元の鎮座地である滝原宮(別宮)、万葉集にも見られる「湯原」、百人一首の歌人の名にある「清原」などの「原」は、「水のわき出る泉」と解さないと意味が解らない。「藤原」については、大きな川の水源地の地名で、いくつかあるようだ(※関連記事1参照)。ハラという大和言葉にも、漢字の原(源)と同様の意味があることに注意しなければならない。
古事記では伊邪那伎命が禊ぎをした場所は、「筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原」、つまり清らかな水のある場所を、原と呼ぶ。そのほか大和言葉の「まほら」などの言葉の意味を再調査してゆく必要もあるかもしれない。

また、前述の4つの地は、山の岩場などのある場所ではないが、扇状地であるという共通点があるようだ。湧水や泉のある場所であるという意味では、扇状地も山奥と同じである。
すなわち非常に単純なことが言える。
原とは扇状地のことである、と。

むろん水源地一般の意味もある。
前述の掛川市の原野谷の名は、原と野と谷という3文字から成り、複雑な地形を連想させる。谷とは、両側から山に挟まれた土地。野とは、起伏のある土地をいうらしい。原とは、扇状地である。谷でありながら、川の左右に平らな土地が広がっているのは、扇状地のほかにはない。扇状地の上に扇状地が重なれば「野」という地形になることもあるだろう。
埼玉県では、最大の扇状地は秩父盆地のほかは、荒川が平野部に出たところであり、幡羅郡の地名があった。幡羅郡の中でも、幡羅郷は「崖」というべき地形のある場所である(※関連記事2参照)。
無論、すべての扇状地に原の地名がつくわけではないし、地名はさらに細かく区別され、多くの地名ができることではあろう。

これまで、われわれは日本の原郷(げんごう)を、山奥の水源地にばかり求めすぎたところもあるようだが、われわれの住む真下の、扇状地の端くれにもあったのである。

参考 折口信夫『水の女』青空文庫

※関連記事1 渋沢、藤原(地名の話)
※関連記事2 幡羅郷の湧水群

2018.07.04 水曜日 | comments (0) | - | 編集

日本煉瓦製造工場と小山橋

明治中期に、埼玉県幡羅郡新井村(現深谷市新井)と榛沢郡上敷免村(現深谷市上敷免)の境界付近、小山川の南に、日本煉瓦製造株式会社の工場ができ、明治21年に創業を開始(事務所は上敷免)。東京駅の煉瓦はここで作って運ばれたという。







写真は、後に小山川に作られた小山橋の開橋式の模様で、川の北岸から南の煉瓦工場の煙突が見える。
右の地図は、昭和30年代のもの。深谷駅から日本煉瓦会社まで、鉄道(日本煉瓦専用線、通称新井線)が通っていた。図の最上部に「小山橋」の記載が見える。

2018.07.02 月曜日 | comments (0) | - | 編集