楡影譚の御案内

幡羅郷土史ブログ

『大里郡神社誌』における湧き水の記録

昭和5年発行『埼玉県大里郡神社誌』に記載された湧き水に関連する部分、その可能性のある部分を抜粋。「龍海」など上古よりの沼と想定されるものも含む。市町村名は現行のもの。
大里郡とは、明治29年(1896)に旧大里・幡羅・榛沢・男衾の4郡の合併により成立。以下では旧幡羅・榛沢郡域で多い。


熊谷市上之 上之村神社

氏子区域の中央部に池あり。広さ二二〇坪。これは村内字琵琶湖にありしも、接続の関係上、隣地主が埋立て、今は小部分の池となれり。
摂社大雷神社は、安政年間より旧比企・児玉・男衾・榛沢の各郡の崇敬者より雨乞の祈祷を申出づるもの多く、御手洗池の水を借り受け、帰村して祈願を為す時は、日ならずして雷雨ありしと、今なほ報賽 頗る多し。

熊谷市宮町 高城神社

寛文10年庚戌の始めより里人のいひけるは、社の傍に小樽の木の年古りて、高さは八丈五尺、周囲は一丈五尺、枝は十四、五間もはびこれるものあり。この樹、地をさること三尺ばかりの処に空なる穴あり、口は七寸ばかりにして内はいと広く、洞穴の如し。その中より清水 湧き出で、絶ゆることなし。若しこの水を用ひて諸々の病を治すれば、必ず感応の効を得んと、この事いつしか近国に聞えければ、人々 日々集り参りて御水を戴けるに、果して諸病に効験ありき。


■つづき ⇒ 『大里郡神社誌』における湧き水の記録
comments (0) trackback (0) Edit

幡羅郷の湧水群

武蔵国幡羅郡の幡羅郷と比定される地域の湧水群をたどってみよう。
図は、埼玉県の深谷市と熊谷市の境界付近の、福川と別府沼などを含めた現在の地図である(台地部分は黄緑色)。(Yahoo地図)

 熊谷市 西別府
東の江袋沼は、別府沼の水を溜めておくために作られたものと諸書にある沼。その南西の先の細長い沼が、別府沼である。別府沼の西は、神社(湯殿神社)の境内の内まで連続し、境内の部分は「御手洗(みたらし)の池」と呼ばれ、昭和のころまでは湧水があったという。地図上の台地がU字形にえぐれた部分の中心が出水点であり、「滝下」という地名もあり、旧神職家は滝口氏である。その南西、深谷市東方にかけて幡羅郡家跡が発掘された。沼の大部分は今は公園として整備されている。

■つづき ⇒ 幡羅郷の湧水群

comments (0) trackback (0) Edit

渋沢、藤原(地名の話)

渋沢という苗字(名字)は、群馬県南部と埼玉県北部に多く長野県にもあるという。
埼玉県の有名人では、渋沢栄一。その一族は、江戸時代に入り上州の大館あたりから移って来たであろうことが、一族の渋沢仁山の書の落款に「大舘氏徴庵」(*)とあることから推定されつつある。彼らは榛沢郡内だが、幡羅郡内にも渋沢姓は多い。

群馬県の尾瀬地方に、至仏山があり渋沢という川が流れていると聞いたので、至仏山はシブツヤマと読むのか、シブッサワが縮まればシブサワになるだろうとか、至仏とはアイヌ語由来の地名の可能性ありの印象を受け、気になっていた。
知里真志保『地名アイヌ語小辞典』を開くと、B音はないのでP音で「シプ……」のあたりを見ると
「si-pet しぺッ 本流; 本流の水上」(みなかみ)
とある。北海道の、士別、標津などと表記される地名(シベツ)が、これなのだろう。青森県以南にはシベ…の地名はないので(大字では)、シブと変化した可能性がある。

Google地図で至仏山を見ると、
至仏山の東側が、尾瀬のある利根郡みなかみ町戸倉、西側が利根川の上流である みなかみ町藤原(旧藤原村)である。
尾瀬には湿原へ流れこむ沢がたくさんある。渋沢は見つからなかったが、山の西側の、利根川の水源地の地名が藤原であることに驚いた。

■つづき ⇒ 渋沢、藤原(地名の話)

comments (0) trackback (0) Edit

武蔵国幡羅郡の範囲と人口

武蔵国幡羅郡の奈良平安時代の人口を推定してみよう。

参考 wikipedia 近代以前の日本の人口統計
ここに記載の鬼頭宏氏による武蔵国の人口から、和名抄の郷数割(6.7%、8/119)で計算すると、
 奈良時代 武蔵国:130,700人 幡羅郡:8750人余
 900年ごろ武蔵国:257,900人 幡羅郡:17200人余。

これは大変な数の人口である。

江戸時代の人口と比較してみよう。

■つづき ⇒ 武蔵国幡羅郡の範囲と人口

comments (0) trackback (0) Edit

幡羅(原)という地名

幡羅という地名がある。
最も知られているのは、武蔵国幡羅郡(幡羅郷)に由来する地名かもしれない。昔の幡羅はハラと読んだが、今はハタラ、埼玉県幡羅郡は明治29年((1896)まで存在した。幡羅村は明治22年(1889)の町村制のときに始まる(昭和30年に深谷市に合併)。

幡羅と表記する地名は昔の和名抄に見られる郡郷名、そのうち郷名に4件ほど見られる。

■つづき ⇒ 幡羅(原)という地名

comments (0) trackback (0) Edit

荒川扇状地と湧水

扇状地とは、「河川が山地から平野に出て、急に勾配がゆるく谷幅が広くなったところに、運んできた砂礫を堆積するために形成される緩傾斜扇状の地形」(ブリタニカ国際大百科事典)であり、「流水は透水性の大きい砂礫中に浸透し、(中略)浸透した水は扇端部で再び湧出するため、古くから扇端部に集落が発達した」(同上)と説明される。

関東第二の川、荒川は、埼玉県の秩父山地に始まり、秩父盆地を流れ、寄居町付近で関東平野へ出て、その先に扇状地が形成されている。東流する川の南側は丘陵地帯が多いためか、扇状地は主として川の北側へ形成された。
この扇状地は、今の深谷市、および熊谷市の一部へ広がっている。



■つづき ⇒ 荒川扇状地と湧水
comments (0) trackback (0) Edit

日本煉瓦製造工場と小山橋

明治中期に、埼玉県幡羅郡新井村(現深谷市新井)と榛沢郡上敷免村(現深谷市上敷免)の境界付近、小山川の南に、日本煉瓦製造株式会社の工場ができ、明治21年に創業を開始(事務所は上敷免)。東京駅の煉瓦はここで作って運ばれたという。

写真は、後に小山川に作られた小山橋の開橋式の模様で、川の北岸から南の煉瓦工場の煙突が見える。
■つづき ⇒ 日本煉瓦製造工場と小山橋

comments (0) trackback (0) Edit
1/1